« アロマヨガ ~ヨガと疲労回復~ | トップページ | アンチエイジングとヨガ »

マタニティヨガで腰痛予防

4217761908_2 おなかが大きくなると、腰が反りがちになり、背中や腰の筋肉が緊張するため、腰痛の原因となります。

腰が反らないように、下腹部を軽く引き締めて、伸びた腰を背筋で支えた正しい姿勢を身につけましょう。

そのためには、大きなおなかを支えられるように、腹筋・背筋をバランス良く鍛えておく必要があります。

1.四つんばいになります。

2.吐きながら、おへそをのぞきこむように背中を丸めて、右ひざをお腹の方に引き寄せます。

3.吸いながら、目線を軽く前方に向、け右足を床と平行になる高さまで上げていきます。

4.そのまま5呼吸キープ。

5.左足も同様に行います。

|

« アロマヨガ ~ヨガと疲労回復~ | トップページ | アンチエイジングとヨガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マタニティヨガで腰痛予防:

« アロマヨガ ~ヨガと疲労回復~ | トップページ | アンチエイジングとヨガ »